路地裏ネコ、シロのおもいで

渋温泉の大湯周辺を闊歩していたシロというネコがいました。
金具屋の玄関あたりに居座っていることがおおく、訪れたみなさまにかわいがっていただいておりました。
2015年4月28日、他のネコたちにも見守られる中、天国へ旅立っていきました。
シロのお話をちょっとふりかえりたいと思います。

ノラというよりは、文字通り地域ネコといった感じで、いろんなところでごはんをもらってウロウロしているやつでした。オスです。
あまりにいろんなところに出入りをしていたので、うちではシロと呼んでましたが、8番湯近辺ではマリンと呼ばれていたようです。

性格はそれほどほめられたものではなく笑、人間界隈ではとにかく若い女性がくるとものすごく人懐こくなり、おっさんとかだとそそくさ逃げ出し、猫界隈では強い奴からはとにかく逃げ回り、もっと強い奴にとりいってそいつを連れてきたこともありました(笑)。スネオ系ですね。

b0051160_14384384.jpg
シロとにゃんたにはフジコとリンタロウという子供がいます。
でもフジコとリンタロウは子猫の時にもらわれていきまして、今渋にはいません。
b0051160_14495852.jpg
いつのころからか、にゃんたとふたり、おもに金具屋の看板猫として活躍してくれていました。
テレビ東京で放送されていた「ぽちたま」やフジテレビめざましどようびの「土曜日のにゃんこ」にも出演したことがあります。
妙に愛きょうのある、憎めないやつ、でした。
b0051160_14563256.jpg
金具屋では招き猫になってましたが、人形と間違えられることも。
b0051160_14571833.jpg
ただのあくび。
b0051160_14580480.jpg

長い間活躍していたのですが、ここ数年、急にごはんを食べなくなりものすごく痩せてしまったり、その度病院に連れて行って復活。というのを何度か繰り返していました。
そういうとき以外は元気であったのですが、3月の終わりころからまた急にごはんが食べられなくなり、何度も病院に連れていったのですがまったく改善せず、そのまま4月28日、永眠しました。年齢は不明ですが、おそらく15歳くらいだったと思います。



さてここからは私の話になりますが、あるマンガを書かれている方のツイッターだったと思いますが、
”金具屋の九代目はサルのLINEスタンプを描いているらしいが、なぜこのネコのをつくらないのか”
というのを目にしまして、ああそうだな、と。
そろそろネコを描けるかな、と思い立ってシロのLINEスタンプにとりかかりました。
今年の2月にはすべて描き上げ、申請を出したのですが、案の定審査に時間がかかっていました。

まさかだったのですが、審査が終わる前にシロは他界してしましました。2月はとても元気だったのに。

やっと、昨日(5/5)、審査終了の連絡が来ました。
ちょっとせつない気持ちだったのですが、販売を開始し、購入してスタンプ使用してみるとヘンな形でシロが戻ってきたなと、そんな風にも感じました。

でもこんなことになるなら、こんなにかわいくしないで、ホントのシロっぽい嫌なヤツ風のイラストもやっておけばよかったかな。

スタンプはクリエーターズマーケットで販売しています。下リンクから直接購入できます。
b0051160_15155354.png
もしシロとの思い出のある方。よかったら。


by kanaguya | 2015-05-06 15:16
<< 金具屋第一ボーリング掃除と駐車場 5月あたりのところ >>