冬に渋温泉にくるときの注意点。

いよいよ寒くなってきました。
日中はまだそれほどでもないですが、朝晩はうんと冷え込みますね。
先日、志賀高原では雪も降ったようで、冬もすぐそこかもしれません。

今日は冬、渋温泉に訪れるときに気をつけておきたいことをちょっとご紹介しようと思います。

まず、冬になると閉鎖されるルートがありますので注意してください。

(1 )国道292号線、志賀草津ルート

これは11月の下旬(20日あたり)から閉鎖になります。志賀高原の陽坂というところから草津まで閉鎖の為、群馬県から草津を通って渋温泉に来ることができなくなります。夏や秋は絶好のドライブルートであり、通ってこられる方も多いのですが、冬は通行止めになってしまいます。
草津と渋で連泊を考えていらっしゃる方も多いですが、ご注意くださいね。

この時期の迂回路として草津からは嬬恋村→菅平→須坂→渋というルートになりますが、かなり時間がかかります。また林道ですから気をつけてください。

(2)渋温泉から地獄谷に行く道

渋温泉の奥から野猿公苑のある地獄谷に通じる道が通行止めになります(期間はまだ未定)。地獄谷へは、上林温泉から徒歩片道30分のルートのみになります。この遊歩道自体は平坦なのですが、雪が積もりますので地獄谷に行くのであれば長靴があったほうがいいでしょう。


そして車の場合はなにより雪に注意が必要です。
積雪の予想される時期(12月中旬以降から3月中旬頃)は、かならずスノータイヤかタイヤチェーンが必要となります。出発時にたとえ降っていなくても、雪が降ってきてしまうと高速道路がチェーン規制となり、高速道路をおろされてしまいます。また、一晩で70cmくらい積もることもありますので、油断は禁物。少なくともチェーンは安全用品だと思ってもっていてください。

また、チェーンは一度装着の練習をしておいてください。
というのも、雪の中でチェーンをつけるのは結構難しく(ワンタッチチェーンでも)、平地で要領をえていないとなかなかうまくいきません。また、買ったはいいが、実はタイヤと合わなかった、なんてことも年に2,3度起こってますから試着は必要です。

装備さえちゃんとしていれば、運転に関しては少なくとも渋温泉までくらいなら特別気をつけることはありません。


高速おろされたり、雪で動けなくなったりしてせっかくの旅行が台無しになってはバカらしいですからね。安全の為、だと思って、しっかり装備をしてきてください<(_ _)>

歴史の宿金具屋ホームページ
by kanaguya | 2005-10-28 18:43
<< 渋温泉温泉出前の危機 引湯管掃除2005秋 >>