再生紙問題

年賀状の一件をはじまりにして、再生紙の偽装という報道がありました。

実際の古紙配合率よりも高く表示していたというものです。

この報道でもうひとつ知ったのが、古紙配合率が100%であろうが1%だろうが「再生紙」と呼べるのということ。
今回の一件で、再生紙の基準が見直されるかもしれないとのことでした。


…実は100%でも1%でも変わらない表示というのは温泉も一緒なんですよね。

ここにひとつ、現代の温泉の問題があるのですが…
by kanaguya | 2008-01-28 22:22
<< 芸者 『次の間』表記について >>