シブリの立体建造物展 その3

4月16日から信濃美術館で開催されている「シブリの立体建造物展」
6月26日まで開催されていますので、まだの方はぜひお寄り下さい!


さてその開催初日の4月16日。
特別講演会「ジブリの魅力と建築の接点」が行われました。
この建造物展の監修をおこなった長野県出身の藤森照信先生と女優の菊池亜希子さん、そしてスタジオジブリの方の3名で、映画の資料や藤森先生の実際の建築物などを解説しながら1時間半ほど行われました。
講演会というよりはトークショーのような形でしたが、あらためて藤森先生が語る内容はやはりとても面白かったですね。
また菊池さんもガチの建築肌の方で(建築系学科に在学中にファンだった藤森先生の研究室に訪ねたことがあるそうで)、がっつり建築のお話でした。

さて、その最後に質疑応答の時間がありまして、せっかくの機会でしたので発言させていただきました。
私の他2名の、おそらく研究生さんでしたでしょうか、非常に熱心で、藤森先生にお会いできたらどうしても聞いてみたいことがあって、という切り出しで非常に専門的なことを質問をされていました。
私はつい少し前も藤森先生にお会いしていて、お話もたくさんさせていただいているのであえてこの場でというのは申し訳なかったのですが、発言に時間をとっていただきました。

私の質問は、ズバリ!


「あの千と千尋の湯屋は………!




湯屋の建物は………!!!






なぜ戦後建てられなくなったのか」
でした。

展示の解説にもありましたが、千と千尋の湯屋の建物は、安土城や明治以降の建物様な「擬洋風建築」というものに近いと。
流入してきた西洋の建築技術を当時の宮大工たちが「自分なりの解釈で」それまでの日本の建築にとりいれ建てていった和洋混合の建物。奇抜だけども面白い独特な建物。しかしそれは昭和初期までで、戦争をはさんでパッタリとそういう建築がなくなったように私は思っていたのですが、はたしてそうであるのか、またそうであったらその理由はなんであるのか。という質問をさせていただきました。

藤森先生から非常に明快な答えをいただきました。


「それは建物をカガクで建てるようになったからだと思いますよ」


つまりそれまで、木だとか石だとか土などの自然の物を組み合わせて作っていたものを、コンクリートにしてもパネルや壁紙などの建材にしてもその構造にしても化学や科学で作るようになった。カガクで動くと合理性のないものはすべて排除されていくようになる。するとそのように出来た建物はストーリー(物語)を持つことができない。だからツマラナイ建物が多くなってしまう。と。


おおむねこのような内容だったと思います(結構長い時間3名にお話ししていただきました)。

「あれ?そういえば金具屋さんの建物、湯屋に似てません?似てますよね?」(藤森先生)
「あ~…ええ恐縮です、よく言われてます(笑)」(わたし)
「へ~そうなんですか」(藤森先生)

藤森先生何度も取材などでも来ていただいてたんですが、そこ関連してはいなかったんですね。
藤森先生の頭の中で繋げることができただけでも、参加してよかったです笑。
それにしても”カガクで建てるようになった”はハッとしましたね。
このセリフはこれから私も使わせていただきたいと思います。


そんな建物のつくりかた、木による建材の違いなども展示されている、ジブリの立体建造物展。
くりかえしになりますが、6月26日まで信濃美術館で開催されていますので、まだの方はぜひ行ってみて下さい!

(おわり)



# by kanaguya | 2016-05-30 21:04

天川神社御柱祭お疲れさまでした

b0051160_17243207.jpg
5月22日、天川神社の御柱祭が行われました。
あまりにも大変だったもので通常の体力に戻るのが3日かかりましたが、準備も本番も無事成功いたしました。みなさんお疲れさまでした。

御柱というと諏訪のお祭りという認識になっていますが、信州ではかなりの地域で開催されます。
同じく7年に一度。秋に行う神社もあるようですが、4月から5月にかけてが一般的のようです。
すべて山から切り出した柱を里におろし、そこから木遣唄とともにお宮にあげていって神様にする。
この一連の流れは共通していますが、その柱の形状や曳航方法、木遣唄はそれぞれの柱(地域)ですべて異なります。

今回、金具屋の軒先に360°カメラを設置し、柱が通る様子を撮影することに成功しました。
天川神社へ行く沓野の柱と我々渋の柱でもだいぶやり方に違いがあるのがわかっていただけると思います。
ぜひご覧ください。
下の動画は、PCの最新ブラウザやスマホの場合はYoutubeアプリで視点の変えられる動画としてみることができます。
facebookをお使いの方は、金具屋ページに同じ動画がありますので見てみて下さい。

渋の柱(2の柱)※ちょうど私唄ってます

沓野の柱(1の柱)

そして、御柱祭では柱だけではなく、各地域でつくった山車も街中を通っていきます。
この動画だけは、データ容量オーバーでfbにはあげられなかったので、Youtube限定公開となります。
4:20あたりからしぶざるくんが登場しますからぜひご覧ください~

ゆるキャラ音頭流せるようにしておけばよかった…

ともあれみなさま、本当にお疲れさまでした!
また6年後、よろしくお願いします!!!



# by kanaguya | 2016-05-25 19:18

ジブリの立体建造物展 その2

特別講演会は定員が決まっていて、開館から配布を開始する先着順でした。
ひとりだけ開館前から並ぼうかと思ったのですが、さすがにひと仕事片づけてから家族ときたものでそうはいかず。
心配の中会場に入るとなんとカオナシが!
b0051160_18521744.jpg
カオナシパニックで整理券配布場所がわからない!
わかっても係がいない!
とあわてましたが、無事整理券をゲットしました。よかったよかった。
b0051160_18531258.jpg
さてその時間まで展示をゆっくり見ようと。
今回は藤森先生と千尋の声優さん柊瑠美さんの解説音声レコーダーをレンタルしました。初回展示時にはなかった?はず。うれしいですね~。
中の展示もだいぶグレードアップしていて、2度目でもとても面白かった。というか時間が足りませんでした。

特に建材による違いだとか、構造をささえる木の組み方とか、映画とは関係のない建築についての説明も多く、こういうのも金具屋でもできたらいいなあと。ウチも建築に興味のある方がたくさんいらっしゃいますからね。

集合時間になってしまうので、泣く泣く最後の方はとばしとばしで、いよいよ特別講演会となりました。

(つづく)


# by kanaguya | 2016-05-20 18:59

ジブリの立体建造物展 その1

2016年4月16日から長野市の信濃美術館で行われている、「ジブリの立体建造物展」に行ってきました。
すぐにでも記事を書きたかったんですけど、あれよこれよとしている間に時間が経ってしまいましたが、思い出しながら書きたいと思います。

この「ジブリの立体建造物展」は、ジブリ映画に登場する建物を実際に立体ジオラマとして再現したらどうなるのか、というもので、縮尺はさまざまですがいろいろなジブリ建築をみることができます。
そもそもこれは、本当に建物が建てられるくらい緻密に両監督が設定をしているからで、そのあたりからしてすごいものだというわけです。

実はこの建造物展は最初、小金井の江戸東京たてもの園で開催されていました。
2年前くらいですかね。これももうあらゆる事情を振り切って、見に行きました。
目当てはやはり千と千尋の湯屋ですが、それ以外のものも大変すばらしかった。
本来のたてもの園のほうには行けないくらいじっくり見ました。

つまり、これ2度目なんです。
さすがに同じ展覧を見に行くというのは今までなかったのですが、ひとつは長野でやるんだからいくしかないでしょという思い。もうひとつは4月16日初日に行われた特別講演会「ジブリの魅力と建築の接点」。わが師匠(勝手にいってます)の藤森照信先生がジブリの建物について語る。これを見逃すわけにはいかないのですよ…

というわけで、当日は土曜日だったんですが、無理を言って半休もらい、いざ信濃美術館へ!

(つづく)
b0051160_19132416.jpg
- - - - -
信濃美術館のジブリの立体建造物展は6月26日まで開催してます!
ジブリファンも建築物ファンもうならせますから、行ってない方はぜひ!!!高校生以下無料!



# by kanaguya | 2016-05-03 19:23

渋温泉外湯巡りについて

あらためまして、渋温泉の外湯巡りの説明をしたいと思います。

渋温泉には九つの“外湯”と呼ばれる共同浴場があります。
これは渋温泉に住む人の日常のお風呂として、地域住人が昔から管理をしてきたお風呂です。
現在は渋温泉の対象の旅館にお泊まりのお客様でしたら、お泊まりの間無料で入ることができるようになっています。

金具屋では、ご宿泊当日のチェックイン15:00以降、鍵を貸し出しております。
(お部屋に外湯の鍵を備え付けております)
浴衣に着替えてお出かけください。
防犯上、貴重品などはお持ちにならぬよう御願い致します。
夜22時までご利用いただけます。



朝は6時からご利用いただけます。宿のチェックアウトは午前10時ですのでご出発に間に合うように御願い致します。

外湯は全部で9つありますが、1泊で全て制覇するのは体への負荷からしてもあまりおすすめできません。
また、すべて高温の源泉をそのまま掛け流しにしておりますので、日中は大変熱くなっている場合があります。
あまり欲張らず無理のないようにお楽しみいただければと思います。

外湯は今でも地域住民の共同浴場です。どうぞマナーにも注意してご利用ください。

↓↓渋温泉外湯マップのダウンロードができます


# by kanaguya | 2016-04-14 11:29